投資信託はどのように運用されているのか、その仕組みを理解することは大切です。

投資信託の仕組みを理解しよう

腕を組む男性

投資初心者に最適な金融商品と言われている投資信託。
最近は100円から購入することができ、かつ、実際の運用はその道のプロに任せられるという魅力が多くの人を惹きつけています。

 

当記事では、投資信託の仕組みを、「運用に関わる会社」と「利益の種類」という2つの視点から解説していきたいと思います。

 

運営に関わる3つの会社

一口に投資信託と言っても、実はこれから説明するような3つのタイプの会社が運営に関わっています。
これは、投資信託は透明性が高く、安心して購入できる金融商品だと言われる理由でもあります。
では、運用に関わる3つの会社を見ていきましょう。

 

販売会社

投資信託を始める際、まずは商品を購入しなければいけませんが、その販売を行うのが、証券会社や銀行、郵便局といった販売会社です。
私たちがよく目にするSBI証券や楽天証券、松井証券などは、投資信託におけるこの販売会社に分類されます。

運用会社

投資家から集めたお金を運用するファンドマネージャーは、「投資信託会社」と呼ばれる運用会社に所属しています。
この運用会社は、国内外の市場を調査して、どういった株式や債券に投資すべきか、その運用判断を行い、次に説明する受託会社に指示を出します。

受託会社

ファンドマネージャーの指示のもと、実際にお金を投資・運用するのは、信託銀行などの受託会社です。
販売会社から商品の申込金を受け取り、そのお金をもとに運用した後、損益に応じて分配金や償還金を販売会社に戻します。

 

投資信託における2つの利益

積み重なったコインとお金のマーク

つづいて、投資信託で得られる利益について解説しますが、その前に「基準価額」という言葉を理解しておきましょう。

 

基準価額とは、投資信託の値段のことで、毎営業日ごとに、1日1回算出・公表されます。
日々変動していく、客観的に定められた「投資信託の評価額」と理解してください。

 

売却益(キャピタルゲイン)

投資信託では、商品を売却したときに発生する利益を「売却益(キャピタルゲイン)」と呼びます。
購入したときの基準価額を、売却したときの基準価額が上回っていれば、利益が発生する仕組みです。
反対に、購入時の基準価額を下回っていれば、当然「損失」が発生します。

 

投資信託には元本保証がありませんが、20年や30年といった長期間の運用によって利益が出ている商品がたくさんあります。
長い時間をかけて少しずつ基準価額を上げ、その結果、資産を増やしていくのが投資信託の魅力と言えるでしょう。

 

分配金(インカムゲイン)

「分配金(インカムゲイン)」は、投資信託の決算日に発生する利益のことで、運用収益の中から投資家に対して支払われます。
決算日に商品を保有していれば分配金をもらえるようになっていますが、投資信託の種類によっては分配金がないタイプもあるようです。

 

ただし、「分配金がない=あまり良くない投資信託」ではない点には注意しておきましょう。

 

投資信託のなかには、投資家に対して一定額の分配金を支払う保証が付いている商品もあります。
このタイプの投資信託は、運用において利益が出ていなかったとしても、投資信託の資産を削ることで分配金を生み出すのです。

 

その結果、さきほど説明した投資信託の「基準価額」が下がり、売却益が減ってしまうこともあります。
投資信託を購入する際は、定期的な分配金の有無だけを判断基準としないようにしてください。

 

ページの先頭へ戻る