良いことばかりではない?投資信託を購入するデメリットを徹底解説!

投資信託のデメリット3選

デメリットとかかれたオブジェクト

投資を始める際、商品のメリットだけではなく、デメリットやリスクもしっかり確認しておく必要があります。
当記事では、資産運用初心者におすすめの投資信託を、3つのデメリットに注目しながら理解していきましょう。

 

① 元本保証はない

そもそも「元本保証」とは、「運用期間中、投資した元本の額からマイナスになることがない」ことを意味し、元本が保証された商品としては「定期預金」が挙げられます。

 

一方の投資信託ですが、初心者向きとは言われるものの、元本が保証された商品ではありません。
投資先が株式や債券、不動産といったものなので、景気の変動によっては値動きが大きくなり、時に元本を下回ってしまうことがあるからです。

 

分散投資が前提となっている商品なので、大損する可能性は限りなく低いですが、元本割れするリスクは少なからずあるということは理解しておきましょう。

 

② 手数料が意外と多い

投資信託では、基本的に次の3つの手数料を支払う必要があります。

  • 販売買付手数料
  • 信託報酬・監査報酬
  • 信託財産留保額

 

販売買付手数料は想像がつきやすいと思いますが、商品を購入する際に掛かる手数料です。
例えば3%で設定されていると、10万円分購入すれば、3000円の販売買付手数料がかかります。

 

信託報酬・監査報酬はいわゆる「管理手数料」のことで、商品を保有している期間に掛かる手数料です。
商品の特徴(積極的な投資か手堅い投資か)によってその割合が上下しますが、だいたい0.1~3%に設定されています。
実際に資金の運用にあたるファンドマネージャーに支払う手数料と考えればよいでしょう。

 

最後に、信託財産留保額は「解約手数料」のことで、多くても0.5%、払う必要がないケースが多いのも特徴です。
投資信託を購入するとこれらの手数料が掛かることになるので、運用においては利益が出ていても、手数料を差し引いたトータルの額でマイナスになってしまうこともあり得ます。

 

手数料を抑えたいならネット証券

投資信託で資産運用を行うのであればある程度の手数料は避けられないですが、ネット証券で商品を購入すると、手数料を比較的抑えることができます。

 

販売買付手数料が0円の商品のことを「ノーロード商品」と呼ぶのですが、SBI証券といったネット証券では、豊富な種類のノーロード商品が用意されています。

 

③ 大きなリターンを期待できない

投資信託は、少額から始められ、かつ、運用のプロに任せられる、初心者にはピッタリの投資商品ですが、大きなリターンを期待できないという点も理解する必要があります。

 

投資信託は分散投資を前提とした商品なので、大損するリスクが低いのは間違いないですが、その分、期待できる利益も低いでしょう。

 

もちろん、商品によっては利回りが高いものもありますし、投資額が大きければ大きいほど、リターンが大きくなる可能性も高まります。
しかし、月々数千~1万円を投資する程度であれば、その利益は微々たるものです。

 

投資信託で資産を増やす鍵は「手数料」

1.2.3が彫られた積み木

投資信託におけるデメリットを3つ見ていただきましたが、この方法で確実に資産を増やしたいのであれば、「手数料」に注意する必要があります。

 

証券会社や商品によって異なる手数料をしっかり比較して、リスクを抑えながらリターンも得られる資産運用を実践しましょう。

ページの先頭へ戻る