投資信託は、これから資産運用を始めたい人におすすめの商品です。

初心者には投資信託がピッタリ!

投資信託と書かれたオブジェクト

「投資信託っていう言葉は聞いたことあるけど、一体どういうものなのかわからない」
「将来のために資産運用を始めようと考えていて、投資信託に興味がある」

 

このサイトにたどり着いた方の多くは、こういった状況ではないでしょうか?

 

結論から申しますと、「資産運用の初心者」には投資信託が非常におすすめです。
これから資産運用を始める方は、当サイトで投資信託に関する知識を深め、コツコツ資産を増やしていきましょう。

 

そもそも資産運用とは?

投資信託の話に入っていく前に、「そもそも資産運用って何だろう?」という方ために、資産運用の基礎知識をお伝えしていきます。

 

資産運用とは、自分が持っているお金(資産)を様々な商品に投資して増やしていくことです。
投資する商品としては以下のようなものが挙げられます。

 

  • 資金調達のために企業が発行する株式
  • アパートやマンションといった不動産
  • 国が発行する債券
  • 終身保険や個人年金保険などの貯蓄型保険
  • 投資信託

 

もちろん、投資すれば資産が必ず増えるというわけではなく、元本割れして損をしてしまうケースも珍しくありません。
したがって、資産運用を行う際には、金融や経済、その他にも投資先の業界に関することなど、専門的な知識を身につける必要があるでしょう。

 

 

投資信託でプロにお任せ

チャートを指す男性

では、当サイトで取り上げる「投資信託」とは一体どのようなものなのでしょうか?
その答えは見出しにある通りで、「投資のプロ」が我々の代わりにお金を運用してくれる金融商品です。

 

実際に運用を行う人は「ファンドマネージャー」と呼ばれ、利益が出た場合には、投資家たちは配当金を得ることができます。

 

投資先を選ぶところから実際の取引まで、すべてをこのファンドマネージャーが代行してくれるため、投資に関する知識がなくても始められるのが投資信託の大きな魅力なのです。

 

 

少額から始められるメリットも

投資信託は、知識不要で始められるという点も資産運用初心者には強みですが、他にも「少額からスタートできる」という点が魅力的です。

 

多くの皆さんは、投資に対して「最初にまとまった大きなお金を用意しなければいけないもの」というイメージをお持ちでしょう。
実際に、不動産投資であれば、初期費用として100万円前後が必要だと言われていますし、株式投資であれば、最低でも10万円は用意しておかなければいけません。

 

一方、投資信託の場合は、ファンドマネージャーがたくさんの投資家から少しずつ集めたお金を運用することになっているため、100円からでも投資が可能です。

 

 

リスクに対する理解も大切

投資信託を始めるには難しい知識も大きなお金も必要ない
基本的にはこのような理解で大丈夫ですが、もしあなたが実際に投資信託を始めたいと考えているのであれば、リスクやデメリットもしっかり把握しておく必要があります。

 

一番に理解しておきたいリスクは、「元本保証はない」という点です。
投資信託では、株式や債券などの値動きのある商品に投資するため、株式市場や金利の変動によっては元本割れしてしまうこともあります。
また、もうひとつ見逃せないデメリットとして、「3種類の手数料が掛かる」という点も挙げられるでしょう。

 

日本の投資信託は、「販売・運用・管理」という3つのプロセスそれぞれに対して手数料が発生する仕組みとなっています。
したがって、運用面では利益が出ていたとしても、手数料を加味すると、結果的にマイナスになるケースもあるのです。

 

良し悪しを踏まえた上でも初心者向き

ここまで投資信託のメリットとデメリットの両側面を見てみましたが、どのように感じたでしょうか?
デメリットやリスクを知ったら「やっぱり怖いかも・・・」と思った方もいらっしゃったかもしれません。

 

しかし、これらのリスクは、商品の選び方や知識の習得などによって対策することもできます。
また、資産運用にはそもそもリスクは付き物で、数ある投資商品のなかでも断トツで初心者に向いているのが投資信託というわけです。

 

初心者マーク

ご自身の老後のことや、お子さんの学費のことなど、お金に関する心配は尽きません。
できることならばいきなり大きいリターンを目指したいですが、資産運用初心者のうちは、投資信託を利用してコツコツお金を増やしてみませんか?
当サイトを存分に活用して、投資信託を始める上で必要な正しい知識をぜひ身につけてください。

ページの先頭へ戻る